HOME - 業務案内 - 業務効率化 - ビデオ会議ハブ VCH1

ビデオ会議ハブ VCH1

ビデオ会議ハブ VCH1は、高性能でコンパクトなビデオ会議システムのサーバーです。
1台のビデオ会議ハブVCH1が1つの仮想的な会議室となり、お使いのWindowsやMacのパソコンから簡単にビデオ会議を行うことができます。
高画質・高音質
フルHD解像度(1920 x 1080ドット)、毎秒30フレームまでの高品位な映像を最大20拠点で共有できるフルHDのビデオ会議システムを、1台のビデオ会議ハブ VCH1と各拠点のパソコンで実現できます。
ノイズ抑制機能、エコーキャンセラーを内蔵しており、サンプリングレート16kHzのクリアな音声で会話できます。CDレベルの44.1kHzのサンプリングレートを使用することもでき、楽器演奏を伝送するような用途でもお使いいただけます。 高画質・高音質
圧倒的な低価格
ビデオ会議サーバーのソフトウエアを専用設計し、無駄なく高速動作するように作成することにより、低消費電力の小型ハードウエアで動作できるようになりました。
これにより、他の会議サーバー製品に比べて大幅な低価格化が可能となりました。
さらに、必要な機能を絞り込むことによって、ソフトウエアの規模と開発コストが抑えられ、専用機材を使うテレビ会議システムやオンプレミス型のWeb会議サーバーはもちろん、クラウド型のWeb会議サービスと比較しても圧倒的な低価格で提供できるようになりました。

 ・販売価格 14万8000円(消費税別)
評価機の貸出し
ビデオ会議ハブ VCH1の評価機の無料貸出しを行っています。
 ・貸出期間: 原則 1ヶ月以内
 ・貸出台数: 原則 1社様1台
機能や性能、使い勝手などを実機で確認されたい方は、ぜひ評価機をご利用ください。
使いやすい資料共有機能
パソコンの画面表示を共有する高精細な画面共有機能、ファイルをアップロードして共有するファイル共有機能、自由に書き込めるホワイトボードなど基本的な資料共有の機能が備わっています。
どのパソコンからも資料の共有や共有画面への描画などの操作を行うことができます。表示の変更はすべてのパソコンで連動しますので、説明や議論のポイントを共有することができます。また、操作に慣れていない方も安心して参加できます。
画面共有
画面共有
デスクトップ全体やアプリケーションの画面表示を共有できます。小さい文字もきちんと表示されますので、この機能によりどのような資料でも共有することができます。どの参加者も画面に矢印のポインターを表示したり、図形や文字を描画することができます。
画面が変化したときだけデータを送る方式ですので、ネットワークを無駄に使用しません。画面の変化が他のパソコンに伝わる遅れは1〜2秒程度です。
ファイル共有
ファイル共有
テキスト、PDF、静止画、動画、ZIPファイルをアップロードして共有できます。
・PDF、静止画: 矢印ポインター表示、図形、文字書き込みが可能
・テキスト: 指定行の色替え、テキスト編集が可能
アップロードするとき、ダウンロードの許可/禁止を選択できます。メール添付できないサイズのファイルでも、ZIP圧縮して共有できます(最大100MB)。ダウンロードをすべて禁止することもできます。
ホワイトボード
ホワイトボード
すべての参加者が自由に書き込むことができ、最大10ページまで使用することができます。以下のような操作ができます。
・直線、矩形などの図形の描画、フリーハンド描画
・テキスト入力
・ファイルやクリップボードからの画像取り込み
・描画データのパソコンへの保存
テキストボード
テキストボード
すべての参加者が自由に文字を書き込み、共有することができます。会議のはじめに議題を書いておいたり、会議中に議事録や結論などをまとめるために使用することができます。
パソコンのクリップボードからテキストを貼り付けることもできます。
また、テキストデータをパソコンに保存することもできます。
いろいろな場面に対応できる画面レイアウト
多様な画面レイアウトが用意されており、テレビ会議システムのようにフルHD映像を全画面表示したり、説明資料と説明する方の映像を並べて表示するなど、 会議やセミナーなどの場面に応じて最適なレイアウトをその場で選択することができます。
カメラ映像を優先して配置
資料とカメラ映像を半々に配置
資料を大きく配置
製品詳細はこちら

クライアントパソコン推奨スペック

クライアントソフトウェアが動作するパソコンの推奨スペックです。


OS Windows7
Windows8.1
Windows10
OS X 10.11 El Capitan
macOS 10.12 Sierra
macOS 10.13 High Sierra
macOS 10.14 Mojave
CPU Intel Core i3相当以上
・HDカメラ映像を送信する場合、Intel Core i5相当以上
・フルHD映像を送信する場合、Intel Core i7(4コア)相当以上
メモリ 4MB以上
カメラ パソコン内蔵カメラまたはUSBカメラ
・UVC(USB Video Class)対応製品なら専用ドライバ不要
・カメラなしでも会議参加可能
マイク パソコン内蔵マイクまたはUSBマイク(スピーカ内蔵タイプ、カメラ内蔵タイプ)
モニタ解像度 XGA(1,024×768ドット)以上
クライアントパソコンの推奨ネットワーク環境

接続するクライアントパソコン側の推奨ネットワーク環境です。


インターネット接続回線(*1) ADSL、光回線
・HD、フルHD映像を送信する場合、光回線推奨
接続インターフェース イーサネット(100Mbps以上)
無線LAN(802.11nまたは802.11ac)
上り方向の帯域(*2) 300kbps以上
・HD映像を送信する場合、2Mbps以上(*4)
・フルHD映像を送信する場合、3Mbps以上(*4)
下り方向の帯域(*3) 700kbps以上
・HD、フルHD映像を受信する場合、4Mbps以上(*4)
(*1)インターネット経由でアクセスする場合
(*2)パソコンからネットワーク方向
(*3)ネットワークからパソコン方向
(*4)動きの激しい映像に対応するために必要な帯域です。動きが少ない場合、1Mbpsから2Mbps程度の帯域でもご使用になれます。1Mbps程度の帯域でお使いになる場合には、カメラの最大解像度をフルHDではなくHD解像度とすることをお勧めします。
サーバーの推奨ネットワーク環境

ビデオ会議ハブ VCH1側の推奨ネットワーク環境です。


インターネット接続回線(*1) 光回線
接続インターフェース イーサネット(100Mbps以上)
上り方向の帯域(*2) 4Mbps以上(*4)
・複数パソコンと接続する場合、
(4Mbps x パソコン台数)以上
下り方向の帯域(*3) 4Mbps以上(*4)
(*1)インターネット経由でアクセスする場合
(*2)ビデオ会議ハブ VCH1からネットワーク方向
(*3)ネットワークからビデオ会議ハブ VCH1方向
(*4)動きの激しい映像に対応するために必要な帯域です。動きが少ない場合、1Mbpsから2Mbps程度の帯域でもご使用になれます。1Mbps程度の帯域でお使いになる場合には、カメラの最大解像度をHD解像度以下に設定することをお勧めします。複数パソコンと接続する場合、上り方向のデータ転送にはパソコン台数分の帯域が必要になります。
製品詳細はこちら


区分 評価機貸出のご依頼 お問い合わせ
貴社名
住所
電話番号
部署名
ご担当者名
メールアドレス
お問い合わせ内容
 

CGIでエラーが起き正常に送信されない場合はこちらからお願いします。

▲pagetop